未就学児の教育は、こんなにも効果的!やるなら今!な理由をご紹介

未就学児教育なら、体と表現力も育まれる!

体力をつけたいなら体育系の習い事が一番!

保育園児にしろ幼稚園児にしろ、本当に子どもはよくケガや病気をします。これは特に働くママにとって、非常に悩ましいことです。
ところで、子どもの習い事ランキングで常に上位を占めているのが、スイミングになります。
そしてスイミングを始めた年齢で一番多いのが、1〜2歳ごろだそうです。
さらにそのスイミングを始めたきっかけの第1位が、「体力をつけたいから」。

このように、未就学児の親の多くは、体力を養う目的で子どもにスイミングを習わせており、そのおかげで風邪やインフルエンザにかかりにくくなった、というお子さんが多いようです。

ここでは特に人気の高いスイミングを例に挙げましたが、他のスポーツ系の習い事でも、心身ともに鍛えられるので、未就学児のうちから始めているご家庭はたくさんあります。

表現力を養うなら、未就学児から習い事を

未就学児の習い事で、人気なものの一つに、「リトミック」があります。ちなみにリトミックとは、「音楽に合わせて、自由に体を動かす」こと。
赤ちゃんはリズムに合わせて体を動かすのが好きなため、リトミック教室の中には、0歳児から通えるところも。

ところで元来日本人は、「秘するが花」という言葉に象徴されるように、自己表現力に乏しいタイプ。

ですから未就学児の間に表現力を養ってあげるのとあげないのでは、将来の人生の選択の際、その範囲が変わる可能性があります。

しかも親自身、表現力を教えることが難しいため、人気が出てきたのが、リトミックという訳です。

リトミックは、音楽を聞いて自由に自己表現をするので、表現力を身につけるにはうってつけ。
表現力が身につけば、「人とのコミュニケーションが取りやすい」「喜怒哀楽がはっきり出せるので、周囲の大人は、気持ちを汲んであげやすい」など、良い点はたくさんあります。